MENU

アコード農産従業員紹介

アコード農産では、4人の従業員が代表とともに作業をしています。

今回は、個性豊かなメンバーを紹介します。

目次

広報部長ピグユキ

ピグユキ
ピグユキ

アコード農産広報部長であり、代表アコードの良きパートナー。

幼少期から農業に興味をもち、高校卒業後就農。
目標とする人物は彼の父ピグパパ
少々ワーカホリック気味ですが、誰よりも農業という仕事に情熱を注いでいます。

くわしいプロフィールは、ブログアミーゴスとリリオさんからどうぞ(外部サイトに移動します)

明寿香(あすか)

あっちゃ
あっちゃ

通称あっちゃ。
モデル業の傍ら、農業に従事しています。

「美と健康は安心・安全な食から」がポリシー。
自分や仲間が口にするものは、やはり信用できるものでなくては!という考えのもと、誰もが「おいしい!」と喜んでくれる農産物を生産することを目指しています。

くわしいプロフィールは、ブログアミーゴスとリリオさんからどうぞ(外部サイトに移動します)

強太郎(シイタロー)

シイタロー
シイタロー

元会社員という経歴を持ち、「どうしても農業をやりたい!」という夢を捨てきれず、2019年に脱サラ。
2020年より、アコード農産にて就農しました。

作業がなくなる冬季間は除雪のアルバイトに行くという、アクティブな発想の持ち主。
四季を通して自然と関わることに、喜びを感じています。

くわしいプロフィールは、ブログアミーゴスとリリオさんからどうぞ(外部サイトに移動します)

はな依(はなえ)

はなちゃん
はなちゃん

通称はなちゃん。
シイタローの妻。

独身時代はパティシエとして、お菓子づくりをしていました。
脱サラしたシイタローからプロポーズされ、結婚。
以後、夫婦でアコード農産で就農しました。

現在の目標は、アコード農産で収穫した野菜を利用してお菓子をつくること。

くわしいプロフィールは、ブログアミーゴスとリリオさんからどうぞ(外部サイトに移動します)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアはここからでやんす(=^・^=)!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

北海道のとある小さなまちで、米・馬鈴薯・人参・大豆・小豆を生産しています。

目次
閉じる